手順

DIANへの被験者候補となる方には、研究への選択基準および除外基準について調査をさせていただきます。参加する意思があり、すべての研究基準を満たす方は、スタディパートナー(被験者のことをよく知っていて、定期的に連絡をとったり接する人物)と一緒に研究実施医療機関に来院して、インフォームドコンセント(説明を受けた上での同意)用紙に署名し、病歴および家族歴を提供していただきます。登録された方々は、以下の検査を受けていただくことになります。なお、日本(DIAN-J)の場合は、すべての候補者に、研究同意前に遺伝カウンセリングを受けていただきます。

臨床評価

面接形式のこの評価は、医師または専門看護師によって行われます。記憶および身体的な健康上の問題に焦点を当て評価します。被験者本人とスタディパートナーの両方の参加が必要です。両者とも、被験者の記憶および健康についてインタビューを受け、さらに被験者には神経学的診察を実施します。インタビューと診察を合わせて、通常2時間ほどかかります。スタディパートナーが研究実施医療機関に来院できない場合は、電話でインタビューを受けることができます。


記憶および思考に関する検査

被験者は、さまざまな種類の記憶およびその他の認知能力を測定するための検査を受けます(約2.5時間)。


採血

バイオマーカーとなり得る候補の物質を調べるため、また遺伝子研究に用いるため、被験者の腕の静脈からおよそ40mL強の血液を採取します(約15分)。


脳脊髄液の検査および将来的な研究のための保管

腰椎穿刺(脊椎穿刺と呼ばれることもあります)によって脳脊髄液(CSF)を採取します。これは経験を積んだ医師が行います。CSFを検査することにより、研究者は、アルツハイマー病(AD)の患者さんにおいて変化するかもしれない化学物質を同定したいと考えています。この情報は、ADを診断する検査の開発に役立つ可能性があります(約2時間)。


脳磁気共鳴画像(MRI

さまざまな脳構造と、記憶に関係する領域の測定に着目した研究用MRI脳スキャンを実施します(約1時間)。


脳フルオロデオキシグルコース陽電子断層撮影(FDG PET

PETは、低レベルの放射線を用いて脳の活動を調べる脳スキャンです。放射性トレーサーと呼ばれる化合物を静脈に注入することによって専門的な画像を得ることができます(約1.5時間)。


Pittsburgh Compound-Bを用いた脳の陽電子断層撮影(PET-PIB

この手順は、PiBとして知られる化合物を用いたPETスキャンを行います。スキャン前にPiBを注射すると、PiBは脳内のアミロイドに結合します。これにより研究責任医師は、アルツハイマー病を示す可能性のあるアミロイド蓄積を有する人々を特定することができるかもしれません(約1.5時間)。


死亡した場合の脳剖検

本研究中に被験者が死亡し、本人または家族が脳剖検に同意する場合、ADを理解しようとしている研究者にとってこれによって得られる情報は大きな価値があります。しかし、DIANへの参加にあたり剖検に同意する必要はありません。献脳について詳細をお聞きなりたい場合は研究者にお問い合わせください。


注:すべての研究データおよび検査結果は厳密に機密事項として扱われます。DIANの被験者は、ご自身の検査および処置の結果について知らされることはありません。